虫歯治療

  1. HOME
  2. 虫歯とは

虫歯とは

むし歯とは、ひとことで言うと酸によって歯が溶かされる病気のことです。
チョコレートやキャラメル、アメなどのお菓子に代表される砂糖を含む食べ物とむし歯には、
とても深い関係があります。
むし歯の原因となるのは、「ミュータンス菌」という細菌です。
この細菌は、口の中に砂糖が入ってくると、活発に働いて歯垢をつくります。
そして、歯垢の中で酸をつくります。むし歯は、この酸によって歯が溶かされる病気です。
口の中で酸がつくられるまで、少し時間がかかりますので、早めにうがいや歯を磨くなどして、
むし歯の原因を取り除くことが、むし歯予防には最も効果的なことと言えるでしょう。
むし歯はなってから治すのではなく、なる前に予防することが一番大切です。

予防についてはこちらのページをごらんください。

むし歯は自然に治りますか?

初期むし歯であれば、再石灰化といってむし歯が治ることもありますが、
進行してしまった虫歯を自然に治すことはできません。
むし歯になってしまった歯を放っておけば、ますます悪化して、最後には歯の根っこだけになり、
やがて歯を失うことになります。
むし歯で歯に穴があくと、その進行の度合いによってC1、C2、C3、C4というように分類されます。
(Cとは、英語のむし歯の略称で、数字が大きくなるほどむし歯が進行していることを表します。)
むし歯は自然に治すことはできませんが、早期発見・早期治療に取り組めば、
それだけ歯を長持ちさせることができます。
毎日の歯磨きはもちろんのこと、歯科医院で定期的に検診を受けるように心がけることが大切です。

むし歯の進行

c0
C0
表面が少しだけ溶けた軽度の虫歯です。
ごく初期の場合は歯磨きをすることで
治る場合もあります。(歯の再石灰化)
削らないで様子をみます。
c1
C1
虫歯の初期です。
ほとんど痛みがありませんので、麻酔をせず虫歯の部分を削って
レジン製の詰め物(白いプラスティック)を入れて
治療は終わります。
c2
C2
虫歯の中期です。虫歯の部分を削るのは前段階と同じですが、
削る量が大きくなります。
型をとり、詰め物を入れます。
レジン製の白い詰め物は使えない場合があります。
c3
C3
虫歯の後期です。神経まで虫歯が進行しているので
神経を取る治療をし、歯の根の中を
綺麗にしなければなりません。(根幹治療
今までの虫歯の状態に比べて治療の回数が増えます。
c4
C4
ほとんど歯(歯冠)の部分は残っていません。
歯の根の先に膿が出来てしまうことがあります。
根幹治療をして治る場合もありますが、
治らない場合は歯を抜かなければならないこともあります。

診療案内