インプラント

  1. HOME
  2. インプラント

インプラントとは

インプラントとは、虫歯や歯槽膿漏などの原因で歯が失われた場所に、インプラントという人工的な歯の根っこ(人工歯根)を埋め、その上に人工の歯冠を作る治療法です。
現在では、歯科治療における『インプラント治療』という言葉がよく知られるようになってきました。

本来、インプラントとは英語の「implant」のことで、「しっかりと差し込む。しっかりと植え込む」
といった意味があります。
歯科用語では「人工歯根」のことを「インプラント」と呼んでいます。

インプラントは、天然の歯と同じような噛み心地と、外見を回復します。
また歯を失った部分だけの治療になりますので、入れ歯などのばねで両側の歯を痛めたり、ブリッジなどのように両側の健康な歯を削ったりすることがありません。

歯科インプラントについて

インプラント現在のような安定したインプラントの原型は、
スウェーデンのブローネンマルク博士によって開発されました。
1965年から臨床応用されましたが、骨と強固に結合し、条件によっては数十年間機能することがわかっています。
材質はチタンで、開発当初はその表面が機械研磨されていました。

その後、世界中の多くのメーカーが製造開発に参加していますが、
主流は相変わらずチタン製です。
そして、チタンの表面に微細な凹凸をつけることによって骨との結合が早期に、強固に得られるようになってきました。

サイズやシステムにも様々な改良が加えられており、東洋人向けのインプラント(プラトン)もよく用いられています。このようなインプラントの開発や製造は、医科学的な研究と精密加工業との共同歩調によって発展してきました。日本のインプラント製造技術は他の工業製品と同様に世界の最高水準にあります。

インプラントの症例

インプラント術前 インプラント術後
術前: 左側の歯が(左上小臼歯)虫歯でなくなってしまいました。
術後: 歯を失った部分にインプラントを入れました。 失った歯の両側の歯は健康な歯でしたので、
削ったりすることなく美しいままです。
見た目もインプラントが入っていることがわからないくらい、
以前と同じような自然な歯が回復しています。

聖和会のインプラントについてさらに詳しく知りたい方はこちら

診療案内